1. HOME
  2. 健康・病気
  3. 犬の貧血は食事を変えるべき?鉄分の過剰摂取や貧血対策について!
健康・病気
犬の貧血は食事を変えるべき?鉄分の過剰摂取や貧血対策について!

犬の貧血は食事を変えるべき?鉄分の過剰摂取や貧血対策について!

健康・病気

犬の重度の貧血

犬の重度の貧血

人間と同じように、犬も貧血を起こすことがあります。

貧血の症状

貧血になると、下記のような症状が見られます。

  • 足元のふらつきが酷くなり、倒れることがある。
  • 食欲がなくなる。
  • 疲れやすくなって寝てばかりの状態が続いたり、階段の昇降も遅くなったりする。
  • 手足が冷えて震える
  • 健康な時はピンク色の歯茎が、妙に白っぽくなったりする症状も見られる。
  • 呼吸が荒くなり、しきりに水を飲みたがることがある。

重篤化すると

重篤化すると、血尿や黄疸が出るケースもあり、貧血くらいと軽く見てはいけません。

老犬の貧血を放っておいたら、急死してしまったという事例も報告されています。

貧血の症状は他の病気と重複する部分もあって、区別が難しいのですが、複数の症状が該当するときは、貧血を疑ってみましょう。

貧血の原因

犬の貧血は様々な原因があり、症状だけでは判別できません。

深刻な事例としては、白血病といった骨髄系や、免疫介在性溶血性貧血など死亡率が高い免疫系の異常による場合が挙げられます。

感染症による貧血

犬バベシア病のような感染症が原因となることもあります。

バベシアとは、マダニが犬の血を吸う際に侵入する寄生虫の名前です。

バベシアが犬の体内で赤血球を破壊するため、犬が貧血になるのです。

中毒による貧血

アリルプロピルジスルファイドという有害な成分を含む葱・玉ねぎ・ニラといった野菜類を食べると、犬が中毒症状を起こして貧血になることもあります。

怪我や遺伝による貧血

ほかにも、犬が怪我や生理によって大量の出血をした場合や、遺伝によるケースも見られます。

遺伝による貧血はオスよりもメスの犬の方が発症することが多いようです。

鉄分の多いドッグフードに変えるべき?

鉄分の多いドッグフードに変えるべき?

鉄分が不足すると、赤血球のヘモグロビンと筋肉のミオグロビンを生成できず、鉄欠乏性貧血と呼ばれる貧血を引き起こします。

愛犬には、鉄分を多く含むエサを与えることが欠かせません。

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄の2種類があります。

この2つの大きな違いは体への吸収率です。

ヘム鉄の方が、非ヘム鉄と比較すると吸収率が5~6倍高いと言われています。

ヘム鉄を含む食材

鉄分を多く含む食材として、下記のような動物系のものや、赤身の魚類などが挙げられます。

  • 豚・鶏・牛のレバー
  • 馬肉
  • 鹿肉
  • 牛肉
  • カツオ
  • サバ
  • サンマ

これらの食材には、特に吸収率が高いヘム鉄が多くふくまれており、効率的に鉄分を摂取できるでしょう。

非ヘム鉄を含む食べ物

非ヘム鉄の鉄分を含む食べ物としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 小松菜
  • ほうれん草
  • 茹でた大豆
  • 乾燥ひじき
  • 卵黄

ただし、鉄欠乏性貧血や大量出血中の犬は、こうした食事だけでは足りないこともあります。

鉄分不足を補うサプリなどを与えるとよいでしょう。

ドッグフードに含まれる鉄分

犬が1日に摂取すべき鉄分の量は、成犬で体重1キロ当たり1.32ミリグラムから1.4ミリグラムとされており、これ以上摂らせる必要はありません。

バランスの取れたドッグフードには、必要な量の鉄分が含まれているので、健康な犬にはそれ以外に与えなくて大丈夫です。

鉄分の過剰摂取

総合栄養食のドッグフードに加え、鉄分の多い食材を大量に与えたり、愛犬の好みに合わせて手作りフードに鉄分の多い食べ物を入れすぎたりすると、鉄分の過剰摂取になってしまいます。

過剰摂取してしまうと、食欲を失ったり、下痢など消化不良の症状を起こすことがあります。

健康な犬ならば総合栄養食を与えるだけの食事で十分であり、貧血気味のときは、鉄分の必要量について獣医に相談してから決めましょう。

貧血にレバーはあげていい?

犬の貧血にレバーはあげていい?

犬はレバーを食べることができます。

しかし、正しい方法で与えなければ健康を害する場合や、死に至ることもあります。

レバーの効果

動物のレバーには、貧血防止に役立つ鉄分やビタミンA・B群の成分が多く含まれています。

また、ブロッコリーやキャベツといった野菜類は鉄分の吸収を促進するビタミンCを多く含むため、レバーと共に与えることにより、貧血防止の効果を高めます。

レバーには、皮膚や粘膜の健康を保つ作用もあり、貧血症状のない愛犬にも食べさせている飼い主は多いでしょう。

どのレバーも食べる

特に、鶏レバーより豚レバーの方が貧血対策には効果的だと言えるでしょう。

豚・鶏・牛のどのレバーでも、ほとんどの犬は好んで食べてくれるので、味付けなども苦労することがありません。

ただし、レバーは高タンパクなので、腎不全などの犬には与えてはいけません。

必ず加熱すること

貧血の犬にレバーをあげる際には、いくつか注意点があります。

まず、生のレバーを犬に与えてはいけません。

生のレバーは、鮮度が良くても病原体が多く、免疫低下した犬が食べると食中毒を起こして死に至ることもあるのです。

また、生のレバーには寄生虫が住み着いていて、犬の体内に入り身体を蝕むこともあります。

レバーは必ず加熱調理してから犬にあげましょう。

加熱調理の方法

加熱調理の方法としては、焼いても茹でてもかまいませんが、最低75度で1分間以上加熱する必要があります。

沸騰したお湯で1分以上加熱する茹で方なら、安心でしょう。

食欲のない犬には、茹で汁を飲ませるだけでも効果があります。

栄養やカロリーの摂りすぎに注意

レバーにはビタミンAが多く含まれているため、食べ過ぎてしまうとビタミンA過剰症になってしまいます。

ビタミンA過剰症による症状として下記のことが挙げられます。

  • 腎臓、肝臓機能の低下
  • 食欲不振
  • 体重減少

また、レバーはカロリーが高いので、肥満の原因にもなります。

レバーは与えなければならない食材ではありません。
たまにトッピングとして食べさせる程度にしておきましょう。

保存方法

生のレバーを食卓に置いておくと、犬が食べてしまうこともあるので、保存方法には気を付けなければなりません。

生レバーを購入したら、速やかに茹でて一口サイズに切り分け冷凍庫に保存しておけば、少しずつレバーを食べさせられます。

冷凍保存をしているレバーは、2週間以内には使い切るようにしましょう。

犬の貧血対策ができるおやつ

犬の貧血対策ができるおやつ

犬のおやつと言うと、飼い主の食べ物を分け合うことも珍しくないでしょう。

しかし、飼い主の食べ物に犬の貧血の原因となる食材が入っていたり、貧血防止に役立つものが不足していたりすることが少なくありません。

また、人間の食べ物の中には犬が食べてはいけないものが含まれている可能性もあります。

犬の健康を考えるうえでは、飼い主とは別に愛犬用に特別なおやつを工夫することが必要です。

サプリをおやつにトッピングする

一般的に、犬は食事よりおやつを楽しみにしており、好物のおやつの上へ貧血にいいサプリなどを混ぜて与えれば、喜んで食べてくれるでしょう。

食事とおやつの両方で貧血対策を講じると、より早い回復が見込めます。

様々なタイプのサプリ

鉄分を多く含む犬用のサプリには、粉末状や柔らかいジャーキータイプなど犬が摂取しやすいものがあり、硬い食べ物が苦手な犬も、おやつ感覚で食べられるものが開発されています。

そのままの形でも食べやすいのですが、子犬や老犬には細かく砕いてから与えても良いでしょう。

手で簡単に割れるサプリも市販されています。

肉をおやつにトッピングする

冷凍保存しておいた豚レバーを電子レンジで解凍してから細かく切り、従来のおやつの上に乗せるトッピングにすることも可能です。

新鮮な牛肉なら、生で与えてもかまいません。

レバーやサプリは、一度に与えすぎず、毎日少しずつ継続的に摂取させることが重要です。

手作りご飯で貧血対策

手作りご飯で貧血対策

サプリやドッグフードといった既製品に頼らず、貧血に効く手作りご飯を考案することも大切です。

愛犬の好みを生かし、鉄分やビタミンA・B類を多く摂れるレシピを作りましょう。

飼い犬の大好物となる手作りご飯を発案することにより、劇的に血液成分の数値回復した例もあります。

非ヘム鉄でも良い

鉄分をできるだけたくさん摂らせたいからと言って、ヘム鉄にこだわる必要はありません。

非ヘム鉄系の食品でも、ブロッコリーやキャベツといったビタミンCの豊富な食べ物と一緒に摂れば、十分な鉄分が供給されるでしょう。

しかし、いずれも柔らかく煮たり蒸したりして、消化吸収しやすくする工夫が欠かせません。

手作りご飯の注意点

手作りご飯を与える場合、気を付けなくてはならないことがあります。

ドッグフードの量を減らす

手作りご飯を与えるようになったら、ドッグフードの量を減らすことを忘れてはいけません。

従来通りの量だと、栄養の摂りすぎで肝臓などの消化器系の器官に過剰な負担をかけます。

栄養の過剰摂取

栄養素はたくさん摂らせれば良いわけではなく、摂り過ぎによって健康を害する場合があります。

例えば、ほうれん草やレバーは、尿路結石の原因ともなるため、尿路結石のできやすい犬種は注意が必要です。

ヨークシャーテリアやミニチュアシュナウザーなどの犬種は尿路結石になりやすいので、貧血気味であっても、ほうれん草やレバーを与えすぎないようにしましょう。

食べさせてはいけない食べ物

先述した通り、貧血の原因となる玉ねぎ・にんにく・ニラなどは、犬の食事に入れてはいけません。

このようなネギ類は、有機チオ硫酸化合物という犬の中毒物質を含んでおり、これらを犬が摂取すると、赤血球中の酸素を運ぶヘモグロビンが破壊され、貧血なりやすくなるのです。

貧血の原因以外にも、犬に食べさせてはいけない食べ物は様々あるので、必ず確認して与えるようにしましょう。

▼犬に食べさせていけない食べ物についての記事はこちら