1. HOME
  2. 健康・病気
  3. 猫の糖尿病の症状とは?糖尿病になる原因・食事の選び方を解説!
健康・病気
猫の糖尿病の症状とは?糖尿病になる原因・食事の選び方を解説!

猫の糖尿病の症状とは?糖尿病になる原因・食事の選び方を解説!

健康・病気

猫に見られる糖尿病の初期症状

猫に見られる糖尿病の初期症状

猫が糖尿病になってしまったときに見られる症状として、下記のようなものがあります。

体重が減っていく

猫の糖尿病の症状としてまず挙げられるのは、食欲旺盛なのに体重が減っていくというものです。

ご飯を食べないという症状は、糖尿病の初期段階ではあまり見られないでしょう。

脂肪をエネルギーにする

糖尿病になると、糖を体内でうまくエネルギーにすることができなくなります。

その代わり、体にある脂肪をエネルギーにしていくのです。

つまり、食事の糖分を吸収できず、体の脂肪が減る一方になるので、食事の量は多くてもどんどん痩せることになります。

多飲多尿になる

多飲多尿も顕著に見られる症状です。

糖尿病になると尿の中に糖が出るようになります。

この糖は多量の水分と一緒に流れ出るので、体の水分が不足状態になります。

そのため、水分をとる量も尿の量も増えるのです。

特徴的な歩き方になる

糖尿病の猫は歩き方にも特徴が表れやすくなります。

具体的には下記のような歩き方になることが多いです。

  • かかとをつけて歩く
  • 歩こうとしない
  • 足腰がおぼつかない歩き方をする

末端神経の異常

糖尿病になると、内臓だけでなく、手足など末端神経にも異常をきたしやすくなります。

その結果、に症状が出て歩き方がいつもと異なったり、歩くことを嫌がったりする場合があるのです。

猫の歩き方を見て違和感を感じたら、1つの可能性として糖尿病を疑うことが大切です。

高血糖は危険?

高血糖は危険?

ここでは糖尿病とはどのような状態なのかを紹介していきます。

糖尿病とは

血液の中には体のエネルギーとなるブドウ糖が含まれています。

通常は、膵臓で作られるインスリンというホルモンが筋肉や内臓にブドウ糖を吸収させ、エネルギーにしています。

食事などで一時的に血中のブドウ糖が増え、高血糖状態になっても、インスリンがしっかり作用すれば体内のバランスは保たれる仕組みです。

ブドウ糖を吸収できない

膵臓でインスリンが作られなくなったり、インスリンの働きが鈍くなったりして、ブドウ糖がうまく吸収されないと高血糖状態が持続され、体の各器官はブドウ糖不足でさまざまな悪影響が出てきます。

これが糖尿病です。

糖尿病の原因

では、なぜ糖尿病になってしまうのでしょうか。

考えられる原因として下記のことが挙げられます。

肥満

猫の糖尿病の原因はいくつか考えられますが、まず1つは肥満です。

肥満状態だとインスリンの働きが鈍くなりやすいため、糖尿病を引き起こす可能性が高くなります。

炭水化物の摂りすぎ

炭水化物の多いフードを摂取し続けることも、糖尿病の原因になり得るでしょう。

ストレス

ストレスによって血糖値を上昇させるホルモンが作られるため、これも糖尿病の原因の1つと言えます。

合併症を引き起こす場合がある

糖尿病になると、糖尿病性ケトアシドーシスなどといった重篤な合併症を引き起こす場合もあり、体調の急変や命の危険に繋がる可能性があります。

糖尿病を防ぐためには、前途したような原因をできる限り取り除くことが重要です。

糖尿病になった猫の寿命

糖尿病になった猫の寿命

猫の糖尿病の多くは、高齢にあたる10歳以降に発症しています。

では、糖尿病になった場合、猫の余命はどのくらいになるのでしょうか。

糖尿病の末期症状

糖尿病が進行した場合の主な末期症状は、食欲の減退や下痢・おう吐などです。

また、動きが鈍くなりふらついたり、寝たきり状態になる猫も少なくありません。

末期の余命

末期になると余命はおおよそ数ヶ月ほどとなります。

体調不良で衰弱して死ぬこともありますが、合併症により突然病状が悪化して急死するケースもあります。

ただし、糖尿病になったからといって、すぐにこのような余命の少ない状態になるわけではありません。

延命することは可能

糖尿病を初期段階でいち早く発見し、適切な対策や治療を行えば、長く延命することは可能です。

例えば、猫の平均寿命はおおよそ15歳ほどですが、治療によっては平均寿命を超えて生きることも不可能ではありません。

また、末期状態でも、集中的な治療を行った結果回復するケースもあります。

対応によって寿命は変わる

糖尿病になった猫の寿命を、一概にどの程度と言うことは難しいものです。

それはつまり、糖尿病が発覚した後の対応によって、猫の寿命は大きく変わるということです。

糖尿病の猫を少しでも長生きさせるためには、小さな変化を見逃さず、その時々でベストな対応を行うこと。
また、症状が進んでも諦めず治療に力を尽くすことが重要なのです。

糖尿病は治るもの?

糖尿病は治るもの?

猫の糖尿病の主な治療方法はインスリン注射と生活習慣の改善です。

糖尿病の治療

インスリン注射は、猫の体内にインスリンを注入することで、血糖をコントロールするものです。

肥満状態の場合は、食事管理なども一緒に行います。

治る見込みはある

インスリン注射を打っているうちに、肥満状態が解消され血糖が正常に維持できるようになったり、体内のインスリンの機能が回復することがあります。

インスリン機能が回復すると、『インスリン離脱』ができる場合もあります。

早い段階で適切な対応をとれば、糖尿病は治る見込みもあるということです。

末期になると離脱は難しくなる

猫の糖尿病末期では、インスリン離脱は難しくなります。

症状がかなり進行した状態で、病院に初めて来院するパターンも少なくありません。

このような状態からのインスリン注射は、離脱を目指すものではなく、病気の進行を防ぐためのものになります。

飼い主への負担

インスリン注射は1日数回飼い主が行うため、自宅で血糖値を厳しく管理する必要があります。

また、糖尿病の治療を長く続ければ続けるほど費用もかかります。

生活面や費用面、そして病気の猫を支えるメンタル面など、治療にはさまざまな部分で負担が発生します。

これらのことを鑑み、治療しない選択をする人もいます。

猫が糖尿病になった場合は、治療やそこに発生する負担について十分理解した上で、今後の対応をどうするか考えましょう。

猫の糖尿病のための食事

猫の糖尿病のための食事

猫の糖尿病では食事を意識することも重要です。

キャットフードの選び方

例えば、キャットフードの選び方もその1つです。

炭水化物が多いものは避ける

血糖値が上がらないようにするため、炭水化物が多く含まれているものは避けましょう。

高品質のタンパク質

猫は本来肉食の動物なので、高品質のたんぱく質が多く含まれているものがおすすめです。

適度なカロリー

高カロリーのフードは肥満に繋がる可能性が高いので避けたいところですが、かと言ってひたすら低カロリーのフードばかりをあげることが良いとも言えません。

低カロリーのフードは食べても十分な満足感が得られない場合があり、結果的に食事量が多くなってしまったり、ほかのおやつを欲しがってしまったりする可能性があります。

適度なカロリーをとれる商品を選ぶことも大切です。

猫用の糖尿病療養食

猫用の糖尿病療養食なども販売されているので、利用するのも良いでしょう。

食事の与え方に気を配る

猫は1日の中で小分けの食事を何度もとるのが本来の形です。

食事の回数が少なくなるとそれだけ一食の量が増え、高血糖になりやすくなるので、食事のタイミングや頻度に気を配るのもポイントです。

糖尿病を発症していない状態でも、このような食事を心がければ肥満や糖尿病の予防になります。

愛する猫の健康を守り、できる限り長く一緒に過ごすため、日頃から食生活を意識してみてください。