1. HOME
  2. 健康・病気
  3. 猫は結石になりやすい?生活習慣を改善して猫の尿路結石予防!
健康・病気
猫は結石になりやすい?生活習慣を改善して猫の尿路結石予防!

猫は結石になりやすい?生活習慣を改善して猫の尿路結石予防!

健康・病気

尿路結石で猫が死に至る?

尿路結石で猫が死に至る?

尿路結石は猫下部尿路疾患の代表的な病気です。

尿路結石とは

尿路結石は、尿路の中に結石ができる病気です。

下記のようなものが尿路と呼ばれています。

  • 腎臓
  • 尿管
  • 膀胱
  • 尿道

結石は猫の膀胱や尿道を傷つけたり、尿道に詰まったりします。

尿路結石の種類

結石ができる場所によって、下記のような種類に分けられます。

  • 腎結石
  • 尿管結石
  • 膀胱結石
  • 尿道結石

腎結石

腎結石は、猫の腎臓の腎盂(じんう)内にできる結石です。

腎盂とは、腎臓の中にある袋状のものです。

症状が軽ければ、尿検査やレントゲン検査をしながら経過観察をして自然治癒を目指します。

稀なケースですが、石が大きく腎臓に悪影響を与えている場合には手術で取り除きます。

尿管結石

尿管結石は、腎臓から膀胱へつながる尿管にできる結石です。

尿管に結石ができて詰まると、尿閉塞を起こして腎臓に大量の尿が溜まります。

尿によって急速に腎障害が起こり、治療が遅れると死に至ります。

元気がない、食欲がないなど、わかりやすい症状が出ない場合は発見が遅れてしまうことがあります。

尿閉塞の場合は手術を行いますが成功率は低く、原因が不明で対症療法しかないため、猫の死因となることも多い病気です。

膀胱結石

結石のほとんどが膀胱の中で作られます。

これを膀胱結石といいます。

治療は結石の状態で異なり、手術や食事療法、投薬などの方法があります。

尿道結石

膀胱でできた石が尿道で詰まる場合をいいます。

発見が遅れて尿毒症を起こすと命にかかわることもあります。

軽度の場合は内科療法で、閉塞はカテーテルで治療します。

結石が取れない場合や再発を繰り返す場合は、外尿道口を広げる手術を行います。

猫が頻繁に吐いたら尿路結石?

猫が頻繁に吐いたら尿路結石?

尿路結石ができる場所によっては、猫が嘔吐することもあります。

しかし食事多い場合や誤飲、場合によっては草や毛玉を吐くこともあり、猫の嘔吐の原因は様々です。

そのため、猫が頻繁に吐くからといって尿路結石であるとは限らないのです。

尿路結石の症状

尿路結石は尿路の疾患なので、症状としては排尿に異常が出る場合が多くなります。

一般的な症状

一般的には下記のような症状が見られます

  • トイレに行く回数が増える
  • 排尿の際に痛がる
  • 尿に血やキラキラしたものが混じる
  • 尿が濁って臭う

猫の異常行動

下記のようなトイレでの異常行動によって、飼い主さんが結石に気づくことが多いでしょう。

  • トイレから出てこない
  • 鳴きやまない
  • うずくまる
  • トイレ以外で排尿をする

場所による症状の違い

結石ができる場所によっても症状に違いがあります。

腎結石

腎結石はほとんど無症状です。

健康診断などで偶然発見されることが多く、原因のわからない血尿など、尿の異常から見つかることもあります。

尿管結石

尿管結石の初期の症状として下記のようなことが挙げられます。

  • 血尿
  • 頻尿
  • 排尿障害
  • 嘔吐

進行すると尿毒症を起こし、下記のような重篤な症状となってしまいます。

  • 発作
  • 昏睡
  • 心停止

膀胱結石

結石が原因で膀胱炎を起こしている場合には、下記のような症状が出ることがあります。

  • 何回も排尿する
  • 排尿しようとしても尿が出ないか、出ても少量
  • 血尿が出る

トイレ以外の場所で排尿したり、外陰部を舐める回数が増えたら要注意です。

尿道結石

膀胱結石の症状が見られる他に、トイレでうずくまる、トイレで鳴いたりうめいたりなどの症状があります。

原因は水分不足?

原因は水分不足?

猫に多い代表的な結石の原因は、下記のものから構成される『ストルバイト』と『シュウ酸カルシウム』の2つです。

  • マグネシウム
  • アンモニア
  • リン酸

ストルバイトが原因の結石は若い猫に多く、シュウ酸カルシウムは中~高齢の猫に多くなります。

猫はあまり水を飲まない

ストルバイトを構成するミネラルが増えたり、尿がアルカリ性に傾いたりすると結石はできやすくなります。

これは猫があまり水を飲まないため、濃度の濃い尿が出るという習性に起因しています。

猫の体質や食事、生活習慣にも影響を受けます。

猫が水を飲まない理由

もともと猫の祖先は砂漠で暮らしていたため、それほど水を必要としない体に進化しました。

食事から水分を摂り、何日も水を飲んでいないかのように見えることさえあります。

猫自身も喉の渇きに鈍感です。
そのため猫の水分補給には気を付ける必要があります。

水分補給で結石予防

猫に水分を摂らせることは猫の尿のpHバランスを整え、尿路結石のリスクを下げます。

特に腎臓結石が尿管に落ち、詰まって尿管結石になるリスクが下がります。

日本の水道水は軟水

日本のほとんどの水道水はミネラルの少ない軟水のため、ストルバイト結石の予防になると考えられます。

きちんと消毒されていて雑菌が繁殖しないのも理想的です。

消毒のための残留塩素は、猫の健康に害を及ぼす量ではありません。

猫がニオイを気にする様子がある場合は、カルキ抜きをしてあげるとよいでしょう。

尿路結石のためのフード・おやつ

尿路結石のためのフード・おやつ

尿路結石を防ぐためには、猫の食事にも気を付ける必要があります。

ウェットフードがおすすめ

結石予防のキャットフードは、食事から自然に水分を摂れるウェットタイプがおすすめです。

ウェットタイプのキャットフードは70%ほどが水分のため、効率的の水分補給させることができます。

尿路結石用のキャットフード

「尿路結石ケア」や「療法食」と書かれているキャットフードなら、結石の予防や治療をしていくことができるでしょう。

療法食はインターネットやホームセンターなどで買うことができます。

必ず医師の指示に従って与えるようにしましょう。

自分で判断するのは危険

獣医師の診察を受けずに餌を買えるのは便利ですが、それによって問題が起きることもあります。

ストルバイト結石と診断された猫に、獣医師がストルバイト尿石溶解時用の療法食を出したところ、飼い主はその後も自分の判断で同じ餌を与え続けた例があります。

3年後に血尿が再発して診断を受けたところ、今度はシュウ酸カルシウムが原因の結石が見つかりました。

これはマグネシウムを制限したストルバイト尿石溶解時用の療法食が、シュウ酸カルシウム結石の形成を助長したのではないかと考えられています。

猫の餌の選び方

猫の餌は栄養素が偏りがちな手作りを避け、獣医師に相談した上で、アミノ酸やミネラルのバランスにも配慮された高品質のものを選ぶようにしましょう。

おやつには猫に不足しがちなタウリンやビタミンAを含むものや、カロリーが低くタンパク質の補給ができるものを与えるとよいでしょう。

猫が食べてはいけないもの

猫が食べてはいけないもの

キャットフード以外で、尿路結石の原因となる成分が多く含まれているため、猫に食べさせてはいけない食べ物猫にあげていいものをまとめてみました。

食べさせてはいけないもの

猫に食べさせてはいけない食べ物や、注意して与えなければならない食べ物として、下記のようなものが挙げられます。

与えてはいけないもの

  • ごぼう
  • れんこん
  • たけのこ
  • ふきのとう
  • 春菊
  • ほうれん草
  • 水菜

ごぼうやれんこんには、尿路結石の原因となるミネラルや肝臓、腎臓障害の原因となるタンニンが含まれています。

たけのこ、ふきのとう、春菊、ほうれん草には尿路結石の原因であるシュウ酸が含まれるため、与え方に注意が必要です。

また、水菜もカルシウムが多く、尿路結石の原因になる可能性があります。

尿路結石のリスクを高める食べ物以外にも、猫に食べさせてはいけない食べ物は多くあります。
猫に食べ物を与える時はよく確認して与えるようにしましょう。

食べてもいいもの

下記のようなものは、与え方を気を付ければ食べさせても問題ない食べ物です。

与えていい野菜

生のまま与えてもいい野菜は下記のものなどです。

  • きゅうり
  • レタス
  • キャベツ
  • トマト

また、加熱すれば食べられるのは下記のものなどです。

  • アスパラガス
  • なす
  • かぼちゃ
  • さつまいも

与えていい果物

果物では、下記のものなどが食べられます

  • いちご
  • スイカ
  • メロン

基本的には少量にとどめることが肝心です。

与えていい乳製品

乳製品では、下記のものが摂取できます。

  • ヨーグルト
  • チーズ
  • ヤギのミルク

穀物

穀物は猫の食べ物としては必要ありませんが、タンパク質やビタミンの補給ができます。

肉・魚介類は加熱する

猫はもともと肉食なので、肉を与える場合は味付けされていないもので、加熱したものなら問題ないでしょう。

魚介類も火を通すことによって食べられるようになります。