1. HOME
  2. 飼い方
  3. 猫のトイレの場所はどこがいい?位置の条件や目立たない方法を紹介!
飼い方
猫のトイレの場所はどこがいい?位置の条件や目立たない方法を紹介!

猫のトイレの場所はどこがいい?位置の条件や目立たない方法を紹介!

飼い方

猫のトイレの置き場所はどこがいい?

猫のトイレの置き場所はどこがいい?

猫用トイレの置き場に適しているのは、下記のような条件をクリアしている場所です。

  • 安心できる
  • 静か
  • 風通しがいい
  • えさ場から離れている

安心できる場所

安心できる場所が猫用トイレ置き場に適しているのは、猫は排泄しているとき、無防備になるからです。

排泄中はもっとも天敵に襲われやすいので、猫は安心できない場所にあるトイレを好みません。

排泄の様子が見える場所に置く

ただ猫が安心できるからと言って、まったく人目に付かない場所にトイレを置くのも避けたほうが良いでしょう。

飼い主が排泄の様子をチェックできないので、病気のサインを見逃してしまうことがあるからです。

静かな場所

猫は静かな場所にあるトイレを好みます。

人間用のトイレのように、静かな場所でないと落ち着いて用が足せません。

風通しの良い場所

廊下など風通しの良い場所も、猫が好むトイレ置き場の一つです。

なぜなら猫は臭いに敏感な生き物だからです。

風通しが悪く排泄物の臭いがこもった場所では、なかなか用を足してくれません。

えさ場から離れた場所

えさ場から距離があることも、猫が好む猫用トイレ置き場の条件です。

猫はきれい好きなので、食事をする場所と排泄する場所が近いとそのトイレを使ってくれません。

かいた猫砂がえさ場に飛んでしまうこともあるので、衛生面から見ても猫用トイレとえさ場は離れた場所に設置すべきです。

トイレの数

猫のトイレを置く際は、場所だけでなく設置する数も工夫すると良いでしょう。

猫のトイレの数は「飼っている猫の頭数+1」が理想的です。

複数のトイレを設置しておくと清潔を保ちやすいことに加え、一方のトイレが汚れていた場合でも、もう一つのトイレを使って用を足してもらえます。

好みに合わせて場所を変える

多頭飼いの場合には、それぞれの好みに合わせて場所を変えると良いでしょう。

猫はこだわりが強い生き物なので、それぞれの好みに合った場所にトイレを設置してあげると、落ち着いて用を足してくれます。

ワンルームの猫トイレの位置

ワンルームの猫トイレの位置

ワンルームで一人暮らしをしている場合、猫のトイレをどこに置くか悩んでしまうでしょう。

リビングに置けばインテリアのレイアウトを邪魔してしまいますし、だからと言って靴や傘でごちゃごちゃしがちな玄関にトイレを移動するのも困難です。

人間用のトイレの中

ワンルームマンションで猫のトイレを置くなら、人間用のトイレの中が適しています。

換気扇が付いていれば臭いもこもらないため、人間用トイレは臭いに敏感な猫にとっても快適なトイレスペースなのです。

隙間を開けておく

人間用トイレに猫用トイレを置く難点は、猫が簡単に出入りできないことです。

トイレのドアを開けっ放しにしておけば猫も自由に出入りできますが、トイレを開けっ放しにすることに抵抗を感じる人もいるのではないでしょうか。

トイレのドアをドアストッパーで固定し、猫が通れる隙間を開けておくと良いでしょう。

開けっ放しにするよりも抵抗感は少なくなるはずです。

便座の開けっ放しに注意

猫用トイレを人間用のトイレに置くときは、便座を開けっ放しにしないよう注意しましょう。

好奇心旺盛な猫が便器に飛び乗り、便器のなかに落下するのを防ぐためです。

用を足したらふたを閉めることを習慣化し、万が一の事故を防ぎましょう。

洗面所・脱衣所

洗面所や脱衣所も猫用トイレの置き場所に適しています。

人通りが少ないため、猫トイレを置く場所にぴったりです。

浴室の換気扇を使えば、排泄物の臭いがこもることもありません。

音に注意する

洗面所や脱衣所に猫用トイレを置く難点は、洗濯機や乾燥機などが放つ大きな音に猫の排泄が邪魔される可能性があることです。

猫は音に敏感なので、静かな場所でないと排泄に集中できません。

洗面所や脱衣所に猫トイレを置くなら、洗濯機や乾燥機を使うタイミングを工夫するなどし、猫が落ち着いて排泄できる環境を整えてあげると良いでしょう。

マンションの猫トイレの位置

マンションの猫トイレの位置

ワンルームではないマンションで猫を飼うときでも、猫用トイレの置き場所に適しているのはトイレや洗面所です。

しかし、来客が頻繁にあるお宅の場合、お客さんも使用するトイレに猫トイレを置くのは避けたいものです。

また頻繁に洗濯機を回すお宅なら、洗濯機が置かれている洗面所は騒がしくなりがちなので、洗面所は猫トイレの置き場所に適していません。

廊下に置く

前途したような理由でトイレや洗面所に猫用トイレを置けない場合には、廊下に設置すると良いでしょう。

廊下は閉ざされた空間ではないため臭いがこもりづらく、猫トイレを置くには適した場所です。

間取り上、人通りが少ない廊下を選べば、お客さんの目も気になりません。

玄関は冷える

廊下は猫用トイレの置き場所に適していますが、その先にある玄関は猫用トイレを置く場所には不向きです。

玄関は、冬になると他の場所より冷え込みます。

寒さに弱い猫は、気温が低い玄関にあるトイレに行くのを避け、排泄を我慢してしまう可能性があります。

リビングに置く

これまで紹介した場所に猫トイレを置けないようなら、リビングに置くことも検討しなくてはなりません。

リビングに猫用トイレを置くときは、なるべく人通りが少ない静かな一角にトイレを設置します。

リビングは窓があり換気がしやすいので、臭いがこもることを嫌う猫にとって理想的なトイレの置き場所です。

臭い・見た目対策

リビングに猫トイレを置くとき気になるのが臭いと見た目です。

猫トイレの近くに空気清浄機を設置したり、フード付きのトイレを選ぶなどの対策を講じると良いでしょう。

別の場所にもトイレを設置する

リビングに猫用トイレを置く場合には、別の場所にもう一つトイレを用意しておきましょう。

すべてのトイレがリビングにあると、リビングに滞在するお客さんを警戒し、トイレを我慢してしまう猫もいるからです。

トイレを気に入らないサイン

猫がトイレを気に入らないサイン

猫はトイレが気に入らないと特徴的な行動を取ります。

トイレが気に入らない時の行動

下記のような行動は、用意された猫用トイレが気に入らないときに猫が出すサインです。

  • 用を足したあと、ほとんど猫砂をかけずにトイレを飛び出してくる
  • トイレの縁に足をかけて用を足す
  • カリカリとトイレの壁をかく
  • 猫が砂を掘るだけで用を足さない
  • トイレには入るけどしないで出てくる

このようなサインを出しているにも関わらずトイレの環境が改善されないと、やがて猫は不適切な場所で排泄したり、排泄を我慢して膀胱炎になったりする可能性があります。

上記のような行動が見られるときは、できるだけ早めに猫用トイレの改善に努めると良いでしょう。

トイレのサイズ

猫用トイレを改善するときは、まずトイレのサイズが愛猫に合っているかチェックします。

大型の猫の場合、トイレが小さすぎて窮屈な状態になっていることがよくあります。

理想のサイズ

理想の猫用トイレのサイズは、猫の体長の1.5倍です。

体長とは、頭と尻尾を除いた胸からお尻までの長さです。

これよりも小さすぎるもしくは大きすぎる猫用トイレを使っている場合は、愛猫に合ったサイズの猫トイレに買い換えましょう。

猫砂のタイプ

猫用トイレを改善するとき、次に着目したいのが猫砂のタイプです。

一般的に、自然の砂に似ている鉱物系の砂を好む猫が多いと言われていますが、猫の好みは個体によって異なります。

猫砂を気に入ったサイン

猫が猫砂をしつこいほど必死にかいているときは、その砂を気に入ってくれたということです。

このサインを目安に、猫の気に入る猫砂を探してみると良いでしょう。

風水的に良いペットグッズの場所

風水的に良いペットグッズの場所

猫用トイレやケージの置き場所を考えるとき「できることなら風水で良い場所に置きたい」と思う人もいるでしょう。

特に猫トイレは悪い気を放出するので、置く場所を工夫しないと飼い主の運気を下げてしまうと言われています。

猫用トイレを置くときは、トイレの方角よりも、ある特定の場所を避けるようにすると良いでしょう。

避けるべき場所

風水的に猫のトイレを置くべきでないとされている場所として、下記のような場所が挙げられます。

玄関

風水で猫用トイレを置くべきでないのは玄関です。

風水では、玄関は外からエネルギーが入ってくる場所です。

玄関に猫用トイレを置くと、猫用トイレが放つ不浄のエネルギーが本来入ってくるはずの良いエネルギーをシャットアウトしてしまいます。

家の中心

家の中心も猫トイレの置き場所には適していません。

風水では家の中心を「太極」と呼びます。この太極に猫用トイレを置くと、飼い主の運気を下げ、飼い主が病気になりやすくなると言われています。

食べ物を扱う場所・ドアの近くなど

食べ物を扱う場所の近くやドアの開閉を邪魔する場所などに猫用トイレを置くのは避けたほうが良いでしょう。

玄関・家の中心以外に置く

前途した場所以外なら、どこに猫用トイレを置いても風水的には問題ありません。

リビングなどの生活空間に猫用トイレを置く場合には、フード付きのトイレを選び、不浄なエネルギーが室内に広がるのを防ぐようにしましょう。

ケージ・寝る場所の位置

風水には、いい影響を与える「吉方位」と、悪い影響を与える「凶方位」というものがあります。

ケージの位置や猫の寝る場所は、凶方位を避け、吉方位に設置すると良いでしょう。

吉方位や凶方位は変動する

吉方位や凶方位は、年や月などによって変わるため、その都度調べる必要があります。

また、算出方法は鑑定士によって異なることもあるようです。

動物は風水の影響を受けやすい

動物は人間よりも環境の影響を受けやすいとされています。

そのため風水で良いとされる方角に安らげる場所を作ってあげると、動物の生命力がアップすると言われています。

設置すると良い方角

猫のケージや寝床は 「生氣」「天医」と呼ばれる吉方位に設置するのが良いとされています。

設置すべきではない方角

反対にこれらのアイテムを設置すべきでないのは凶方位の「絶命」です。

ケージや寝床を「生氣」や「天医」に置けない場合でも、この「絶命」を指す方角だけは避けるようにすると良いでしょう。