1. HOME
  2. 飼い方
  3. 猫は旅行中に留守番できる?留守番あるある・トイレやご飯の注意点
飼い方
猫は旅行中に留守番できる?留守番あるある・トイレやご飯の注意点

猫は旅行中に留守番できる?留守番あるある・トイレやご飯の注意点

飼い方

猫は何日留守番できるの?

は何日留守番できるの?

仕事や旅行などで家を空けなくてはいけないことはよくありますよね。

そんな時「猫にお留守番させても大丈夫なのか?」と心配になると思います。

猫にお留守番させても大丈夫?

健康状態が良い猫であれば、1泊2日から2泊3日くらいまでならお留守番は可能だと言われています。

猫は基本的には単独行動が得意なので、誰もいない家にいても問題はありません。

いつも飼い主といた場合は注意

子猫の時からいつも飼い主といる場合、少しでも離れてしまうと鳴き続けたり、ご飯を食べなくなったりしてしまうことがあります。

お留守番をさせる前に、ひとりきりになることに少しずつ慣れさせていくなどの対策が必要です。

お留守番中はなにをしてるの?

何時間も家にいる猫が、何してるのか気になる方もいるでしょう。

猫は一日のうち12時間から15時間は寝ている動物です。

そのため、常に飼い主が一緒にいる必要はありません。

逆に常に人が傍にいたり、構いすぎたりすることがストレスに感じる猫もいます。

家が一番リラックスできる

「犬は人につき、猫は家につく」という言葉があるように、猫は自分の家がテリトリーであり、一番リラックスできる場所です。

飼い主がいなくても、いつもの家で過ごすことは環境の変化がなく負担に感じません。

子猫・老猫の留守番

お世話の必要な子猫や老猫の場合は、長時間お留守番をさせることは避けましょう。

特に生後6か月未満の猫は、まだ健康状態が不安定で体調を崩しやすいですし、老猫はいつ体調の変化が起きてもおかしくありません。

留守番中の一番の悩みはトイレ

留守番中の一番の悩みはトイレ

猫にお留守番をさせると、様々なトラブルが起こる可能性があります。

食事やトイレのトラブル

お留守番させる時は、下記の3点に注意を置かなくてはいけません。

  • ご飯
  • トイレ

この3点を気を付けないと、家に帰ってみたらトイレ以外の場所で尿や糞をしていたり、水やご飯が足りなくて猫に辛い思いをさせてしまったりなどの様々なトラブルの原因になります。

ご飯のトラブル

旅行中にご飯がなくならないように、多めに用意しておけば良いと考える方もいるでしょう。

しかし、飼い主が何日か旅行した場合、初日に全て食べてしまうことがあります。

また、ウェットフードの場合は傷んでしまう可能性もあります。

水のトラブル

水をこぼしてしまうことはありますが、数か所設置しておけば問題ありません。

しかし、近くに置いてある餌が入ってしまったり、逆に餌の中に水をこぼしてしまう可能性があります。

トイレのトラブル

留守番中のトラブルで最も多いのがトイレの粗相です。

帰ってきたらトイレ以外の場所でされていることは少なくありません。

服や布団などでされてしまうこともあります。

誤飲してしまう

猫は遊んでいるうちに様々なものを誤飲してしまうことがあります。

下記のようなものは、猫が誤飲しやすいので注意が必要です。

  • ビニール袋
  • 観葉植物
  • 細い糸やひも

中には命に関わるものもあるので十分気を付けましょう。

猫ケージを利用する

お留守番中のいたずらや誤飲が心配な場合は、猫ケージを利用するのも良いでしょう。

広いケージを用意する

長時間狭いケージで過ごすことは猫にとってストレスになります。

3段の広いケージを用意するなど、猫が快適に過ごせる環境を整えてあげましょう。

ケージに慣れさせておく

これまでケージで過ごしたことがない猫が、いきなり長時間ケージに入れられるととても負担になります。

長時間お留守番させる前にケージに慣れさせましょう。

トイレは何日も放置していいの?

トイレは何日も放置していいの?

多くの飼い猫は、用意したトイレで排泄を行うようにしつけされていることでしょう。

まだトイレを覚えていない子猫や排泄の介助が必要な老猫ではなく、健康な大人の猫なら、日常生活ではトイレのトラブルは少ない場合が多いです。

トイレ以外の場所でしてしまう

いつもトイレで排泄をする猫でも、トイレが汚れているとトイレ以外の場所でしてしまうことがあります。

トイレ掃除は1日1回は最低でも行う必要がありますが、何日も家を空ける場合はそれができません。

家に帰ってみたら家中に尿や糞が散らばっていることもあります。

トイレが汚れていることが原因で排泄を我慢してしまい、体調を崩してしまう猫もいます。

サイズ・数を工夫する

何日も家を空ける場合は、いつもより大きいトイレを用意したり、トイレをいくつも置くなどの対策が必要です。

広いケージ

お留守番中に猫ケージに入れておく場合は、ある程度広さがないとトイレをいくつも置いたり大きいトイレを入れられません。

清潔で快適なトイレを用意できるように工夫しましょう。

何泊も家を空けなくても、仕事で一日の大半をお留守番させる場合もあると思います。
そんな時もトイレ環境は注意してあげたい点です。

猫の水や餌

猫の水や餌

猫のために、お留守番中いつでも水が飲めたり、普段通りご飯を食べられるようにしておきましょう。

お留守番中の水

遊んでいるうちに水をこぼしてしまうこともあるので、1か所では心配になりますよね。

水が足りなくならないように、水入れを家の中に何か所か用意しておくと良いでしょう。

いつもきれいな水を与えたい場合は、水を常に循環させることができる猫用自動給水器を利用する方法もあります。

お留守番中のご飯

次に、ご飯の与え方についてです。

ドライフードを用意する

ご飯はドライフードを用意しましょう。

ウェットタイプは傷みやすいので、半日以上家を空けてお留守番をさせる時のご飯としては避けるべきです。

ウェットフードしか食べない場合、普段からドライフードに慣れさせておくと良いでしょう。

またドライフードは、風通しが良く直射日光が当たらない場所に置きましょう。

タイマー付きの給餌機

猫が好きな時に食べれるようにご飯を置いておく『置き餌』はデメリットも多い方法です。

傷んでしまったり、食べる量が心配な場合には、タイマー設定がついている給餌機を使うと便利です。

電池式の給餌機は電池が切れてしまうことがないようにしましょう。

▼置き餌についての記事はこちら

子猫の留守番

まだ数時間おきにミルクやご飯をあげなくてはいけない場合は、長時間のお留守番はさせない方が賢明です。

ウェットフードしか食べられない子猫の場合も、ウェットフードを置いておくと傷む恐れがあるのでお留守番は控えた方が良いでしょう。

旅行に連れて行くべき?

旅行に連れて行くべき?

留守番がだめなら、旅行に連れて行きたいと考える飼い主も多いでしょう。

猫は旅行に連れていくべきではない

猫は基本的には旅行に連れて行かない方が良いです。

ストレスが溜まる

猫は環境の変化にとても敏感なので、車の中やホテル、旅館など、普段と違う環境に置かれることでストレスが溜まります。

ストレスが溜まると、トイレをしなくなったりご飯を食べなくなったりすることがあります。

いつもと同じ家で快適な環境を整えてお留守番させる方が、猫には負担になりません。

脱走してしまう

旅行先で脱走してしまうというトラブルも多いので、猫の安全を考えても旅行に連れていくのは避けた方が良いでしょう。

どうしても連れていく場合は、キャリーケースを用意したり、リードを付けたりするなどの対策が必要です。

猫に負担を掛けないお留守番

猫は環境を整えればお留守番をさせても大丈夫なので、猫を飼うと旅行に行けないという心配はありません。

少しずつひとりで過ごす時間を増やしてお留守番を慣れさせるなど、できるだけ猫に負担を掛けないようにしましょう。

ペットシッターやペットホテル

家でひとりにするのが心配な方は、ペットシッターやペットホテルを利用する方法もあります。

ペットホテルを用意している動物病院もあるので、いつも診てもらっている動物病院でペットを預けることができるか調べておくと良いでしょう。

ペットシッターを利用する場合は、事前の顔合わせや打ち合わせなどを入念に行い、トラブルがないようにしましょう。