1. HOME
  2. 健康・病気
  3. 猫の流動食の与え方!流動食の作り方・注意すべきことを紹介!
健康・病気
猫の流動食の与え方!流動食の作り方・注意すべきことを紹介!

猫の流動食の与え方!流動食の作り方・注意すべきことを紹介!

健康・病気

腎不全や食欲不振には流動食

腎不全や食欲不振には流動食

猫も食欲が出ないときは、流動食を食べるとご存知でしょうか。

流動食とは、ごはんをドロドロの液状にしたもので、人で言うところの離乳食や、おかゆのようなイメージです。

出来るだけ元気に長生きしてもらいたいので「流動食は関わらないに越したことがない」というのが正直なところです。

しかし「急にごはんを食べなくなってしまって、どうしたら良いんだろう」と困った時に備えて、流動食について知っておくだけで、慌てなくて済みます。

では、いったいどんな時が流動食の出番なのでしょうか。

食欲不振になった場合

季節の代わり目や暑い夏など「なんとなく食欲がない」という気分の時はありませんか?

まさに猫も同じで、元気な子であっても、突然食べないという事態に陥ることがあります。

そんな時は、無理に食べさせようとせずに、まずは流動食に切り替えてみましょう。

サラサラとしたタイプのものが多いので、喉を通りやすいはずです。

食欲が戻らない場合に注意すること

数回の食事で食欲が元に戻ってくれれば問題ありません。

数日にわたり食欲不振が続く場合や、水も飲まない場合には、何か病気の可能性もあるので、かかりつけの動物病院を受診しましょう。

猫の年齢が上がった場合

年齢が上がっていくにつれて、胃腸や消化器官が衰えていくのは、猫も人も同じです。

若い頃はガツガツとごはんを食べていたとしても、徐々に食が細くなっていくものです。

「長生きしてほしいけれど、最近食べてくれない…」という時にも活躍してくれるのが、流動食です。

高カロリーなものも多いため、食が細くなっていても必要なカロリーや栄養素を補うことができます。

腎不全などの病気になった場合

年齢が上がることで食欲不振になることは多いですが、それに加えて加齢によって引き起こされる病気にかかることもあります。

猫の場合7歳以上になると、腎不全のリスクがぐっと高まります。

このように内蔵に不調が出始めると、急速に食が細くなっていくケースが多いです。

そんな時も流動食を与えると良いでしょう。

猫の流動食は高カロリーが良い?

猫の流動食は高カロリーが良い?

一般的に市販されている流動食は「高カロリー食」「高栄養食」となっています。

これは食欲不振や病気などでほとんど食べられない猫にとって、流動食は生命線だからです。

流動食は自分で作ることも出来ますが、市販のものの方が栄養バランスが調整されていることが多く、手軽に取り入れやすいのでおすすめです。

種類も豊富とあって、猫の状態に合わせて適切なものを選ぶことができます。

飲むこともままならない場合:液体タイプか粉末タイプ

食べるどころか、飲むことも苦しそうな場合は、「液体タイプ」か「粉末タイプ」を選びましょう。

液体タイプ

液体タイプは栄養食をジュースのようにしたものです。

既に液体になっているので、袋から出してシリンジに入れるか、スプーンなどであげましょう。

粉末タイプ

粉末タイプは、ぬるま湯で薄めて液体状にしてから与えます。

液体タイプより一手間かかりますが、猫の状態によって濃度を切り替えることが出来るという利点があります。

液体タイプも飲みたくないような状態の場合、極力薄めて作ってあげることで、胃腸に負荷をかけることなく食事を再開することができるでしょう。

飲むことはできる場合:ゲルタイプ

口元にスプーンを近づけたときに、ぺろぺろとしてくれるようであれば、ゲルタイプをおすすめします。

栄養食をゼリーで固めているので、シリンジを使わずに食べさせることができるため、とても簡単です。

高カロリーのものが多いので、少しだけ食欲が落ちているときに、普段の食事にプラスするという使い方もできます。

少し食べる意欲が出てきた場合:ペーストタイプ

食欲は落ちているものの、少しずつ食べる意欲が見られるようになってきたら、ペーストタイプがおすすめです。

ウェットフードのように缶詰に入っていることが多いですが、中はかなり液体よりです。

このペーストタイプになると、まぐろ味・かつお味などのフレーバーの幅がぐっと広がります。

少しずつ食欲が出てきた猫にとっては楽しいかもしれません。

猫の流動食の作り方

猫の流動食の作り方

市販のイメージの強い流動食ですが、実は自宅でも簡単に手作りすることができます。

いつも食べているフードに手を加えるだけなので、急に必要になった時に覚えておくと便利です。

手作りのメリット

猫によってはごはんのメーカーを替えただけで、ビックリして食べなくなる子もいますよね。

そんな敏感な猫の場合は、いつものフードをふやかした自家製流動食なら食べてくれる可能性が高まります。

手作りの注意点

気を付けたいのが、普通の食事をふやかすだけでは、流動食のキーポイントである「高栄養食」「高カロリー食」にはならないという点です。

特に介護食の場合は、食べられる量が少なくなってくるので、栄養が足りなくなることが多いです。

サプリなどのお助けアイテムに力を借りながら、自家製流動食をレベルアップさせましょう。

ドライフードから作る場合

ドライフードから作る手順は下記の通りです。

  1. ドライフードをお湯でふやかします。
  2. ドライフードが水分を吸ってふやけたら、ミキサーにかけます。
    ミキサーがない場合は、ペースト状になるまですり鉢ですりましょう。
  3. しっかりと冷ましてから、愛猫にあげましょう。

水分が多すぎると量が増え、食べきれなくなってしまうため、お湯は少しずつ足して調節しましょう。

ウェットフードから作る場合

ウェットフードから作る手順は下記の通りです。

  1. フードに少しの水分を足して、ミキサーにかけます。
    ミキサーがなければすり鉢ですりましょう。
  2. なめらかなペースト状になるよう、必要に応じて水を追加します。
  3. どろどろな状態まで崩れたら、愛猫にあげましょう。

高栄養素にしたい場合

あまり量が食べられない状態なので、できるだけ少量でしっかりと栄養を採ってほしいものです。

そんな時におすすめなプラスアルファのアイテムをご紹介します。

ブドウ糖

ブドウ糖をペースト状の餌に混ぜることで、胃腸に負担をかけずにカロリーを効率よく吸収することが出来ます。

サプリ

食べれない期間が長くなってきたら、気になる栄養素を効率よく摂取できるようにサプリを入れるのも手です。

投薬中の場合は、飲み合わせの問題が心配なので、獣医に相談してから与えるようにしてください。

シリンジで与える方法

シリンジで与える方法

猫が流動食も食べてくれない場合には、シリンジを使って食べさせると良いでしょう。

シリンジとは、簡単にいうと「針がない注射器」のことです。

中に流動食を入れて、猫の口の中にピュッと入れるイメージです。

どんな時にシリンジを使うの?

どうも馴染みのないシリンジですが、どんな時使うのでしょうか。

ご参考までに3パターン紹介します。

赤ちゃん猫が上手にミルクが飲めない場合

保護猫など、まだ上手にミルクが飲めない赤ちゃんの場合、哺乳瓶だと大きすぎるのでシリンジを使うことが多いです。

嫌がって薬を飲んでくれない場合

と一緒にぱくっと食べてくれる場合は良いですが、賢い猫は薬を出してしまうこともあります。

そんな時に、液体などに薬を溶かしてから、シリンジで口に入れ込む方法を使う場合があります。

流動食を与える場合

自分から食べようとしてくれない場合、薬と同じように、食事を口に流し込んであげる必要があります。

今回ご紹介するのは、この3つ目のケースです。

飲ませ方のポイント

愛猫にシリンジを使って流動食をあげるというのは、慣れていない飼い主さんにとっては少し難しいことかもしれません。

安全に行えるように、飲ませ方の重要なポイントをご紹介します。

シリンジの持ち方

針のない注射器ということもあり、看護師が注射をするときのような持ち方(人差し指と中指で注射器を固定する形)で持ってしまいがちですが、それは間違いです。

内容物を一気に注射するには良い持ち方ですが、これだと流動食がどばっと出てしまう恐れが多いのです。

注射器を握るようにしてもち、シャープペンシルの芯を送り出すときのような形で、少しずつ流動食を押し出すのがおすすめです。

入れるスピード

入れ方は、とにかくゆっくりとしたスピードと少量にすることが大切です。

猫からすると、勝手に口の中に液体が入ってくる上、入ってくる量を自分で調整できません。

まずは少しずつ、舐められる程度の量をいれましょう。

猫の姿勢に注意

シリンジを使って流動食を与える場合、まず猫を抱っこして体を起こし、伏せているような状態にします。

その後、顔を斜め上にあげてから与えます。

口の端にシリンジを差し込んで、ゆっくりと口の中に向けて流動食を出していきましょう。

食べ終わった後も、少しその姿勢をキープします。

すぐに横になりたがるかもしれませんが、食べたものが逆流してくる恐れがあるので、様子を見てあげてください。

流動食の温度に注意

市販の流動食を使うときでも、自家製のときでも、ぬるま湯で温めてあげることで食べやすくなることがあります。

久しぶりの食事に対して、おなかがビックリしないという利点もあります。

そんな時は、シリンジに入れる前に温度を注意してください。

かならず手の甲に出してぬるいかどうかを確認の上、くれぐれも火傷に注意してください。

口の中を火傷でケガをしてしまった場合、ますます食欲不振になってしまう恐れがあります。

鼻チューブで与える方法

鼻チューブで与える方法

食欲が落ちている猫に対して、基本的にはシリンジで流動食を与えるのが望ましいですが、飲み込むことがままならないという状態の場合には、鼻チューブを使います。

鼻チューブは下記のように呼ばれることが多いです。

  • 経鼻チューブ
  • 鼻カテーテル
  • 経鼻経管栄養
  • 鼻腔経管栄養

文字通り鼻の穴から食道に向けてチューブを入れます。

直接胃の中へ流動食や薬などを送り込むことが出来るので、どうしても口から食べられないという場合に使われます。

鼻チューブに切り替える目安

主に高齢猫に多いですが、毎回の食事をシリンジ経由で取るだけでは必要量が足りなくなってきます。

「本人も飼い主も頑張っているけれど、どんどん体重が減っていく」という状態になった場合、かかりつけの獣医に相談しましょう。

簡単に取り外せる

高齢猫が原因ではなく、病気などで食べれない状況が続いている場合、元気になったら鼻チューブを取り外すこともできます。

あまり深く思い悩まず、シリンジが難しくなった段階で切り替えるというのも手かもしれません。

鼻チューブの導入方法

鼻チューブを付けるには、獣医のもとで手術をすることになります。

手術と言っても、チューブを鼻から胃に通し、数か所に固定するだけなので、部分麻酔をするだけで済む短時間の手術です。

チューブの長さは、猫のサイズにもよりますが大体30㎝です。

高齢猫でも受けやすい手術

全身麻酔をしなくていいこともあり、高齢猫でも受けやすい手術となっています。

見慣れないと「苦しいのかな」と心配になりますが、体への負担は少ないでしょう。

毎回の食事の挿入方法

チューブが細いので、なめらかな流動食しか通りません。

市販の流動食でも液状のものを選ぶか、粉ミルクを選ぶ必要があります。

口を経由する場合と違い、チューブ経由で直接胃の中に届けるのがこの方法です。

愛猫がビックリしないように注意する点が二つあります。

温めておくこと

まず一つ目は、流動食をぬるま湯程度に温めておくことです。

急におなかの中に急に冷たいものが入ってきたら、ビックリしてしまうため注意する必要があります。

ゆっくり少しづつ与えること

二つ目は、少量から始めることです。

チューブが途中で詰まらないように、そして愛猫が驚かないようにゆっくりと入れていきましょう。

鼻チューブでの食事回数

猫にとって必要な食事量を摂るには、1日に4~6回の注入が必要とされています。

回数は多くなりますが、シリンジよりも確実に食べさせることができるので、必要な栄養素は採れることになります。

負担が少ない

見た目は少し苦しい印象を受けますが、実際のところシリンジで無理やり食べさせるよりもよっぽど簡単な方法です。

愛猫にも飼い主にも負担が少ないというメリットがあります。