1. HOME
  2. しつけ
  3. 犬と一緒に寝る時に注意すべきこととは?しつけや病気について解説!
しつけ
犬と一緒に寝る時に注意すべきこととは?しつけや病気について解説!

犬と一緒に寝る時に注意すべきこととは?しつけや病気について解説!

しつけ

一緒に寝るのは犬にとって幸せ?

一緒に寝るのは犬にとって幸せ?

私たちにとって、かわいい飼い犬と一緒に寝る時間は幸せですよね。

ですが、犬にとって飼い主と一緒に寝るのは幸せなことなのでしょうか?

はじめに、犬が一緒に寝たがる理由について解説していきます。

犬は一緒に寝る人を選んでいる

犬は食事や散歩などの時、頼る相手を変えていると感じたことはありませんか?

『家族の中でも順位付けをしている』ともよく聞きますよね。

実際に、犬は一緒に寝る相手も選んでいるようです。

甘えたいという心理

犬が飼い主と寝たがる理由は「甘えたい、撫でてほしい」という心理状態からだと言われています。

そのため、寝る時に甘えられる相手を選んでいるのです。

また、飼い主を信頼している証拠でもあります。

いつも一緒に寝ているとストレスになることも

飼い主と寝ることは犬にとって幸せなことですが、状況によってはストレスになることもあります。

特に毎日一緒に寝ていると、飼い主が家を空ける期間は犬の不安を煽ることに繋がります。

一緒に寝たいのは山々ですが、飼い犬のためにも普段から寝る場所は別々にすることをオススメします。

犬と寝るメリット

犬と寝るメリット

次に、飼い主が犬と寝るメリット・デメリットについて解説していきます。

メリット

まず、犬と寝るメリットについて見ていきましょう。

飼い主の気持ちが和む

犬と一緒に寝ると、飼い主が癒されるというメリットがあります。

普段活発な飼い犬が、ぐっすり寝ている姿を見るとほっこりしますよね。

『アニマルセラピー』という言葉があるように、犬と触れ合うことは癒し効果に繋がります。

ストレスを抱えていたり、眠れない日々が続く人でも安心して眠れるようです。

飼い犬の異変にすぐ気付ける

一緒に寝れば、飼い犬の異変にすぐ気付くこともできます。

外で飼っていたり、別々の部屋で寝ていたりすると、飼い犬に何かあった時にすぐ気付けません。

「今日は飼い犬の様子が普段と違うかも?」と思ったら、『一緒に寝る、同じ部屋で寝る』と決めてもいいでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sayuri Yashiro(@mamamairo.0406)がシェアした投稿

(写真のワンちゃん・・・mamamairo.0406のマイロちゃん)

デメリット

それでは次に、犬と寝るデメリットを紹介します。

犬に危害を与えてしまうかも

犬と一緒に寝ている時、気付かずに危害を与えてしまう可能性があります。

熟睡していると、自分がいつ寝返りを打っているかわからないですよね。

腕や足で、犬の体を圧迫させてしまうリスクもゼロではありません。

健康へのリスクがある

犬と寝ていると、飼い主の健康リスクに影響を与える可能性があります。

犬は私たちのように毎日お風呂に入っている訳ではなく、散歩する際に靴を履く習慣もありません。

また、犬は毛で覆われているため、ノミやダニがついていることもあります。

一緒に寝ると、ノミやダニがシーツにも繁殖してしまうかもしれません。

健康を考えると、犬と一緒に寝ることはデメリットにもなるようです。

犬からうつる病気

犬からうつる病気

では、犬からうつる病気には、どのような種類があるのでしょうか。

「呼吸器系トラブル」「皮膚トラブル」「感染症トラブル」「予防方法」についてそれぞれ解説していきます。

呼吸器系トラブル

飼い犬がかわいいがゆえ、犬の体に顔を埋めてしまった経験はお持ちではないでしょうか?

しかし、犬の毛にはアレルゲンがあり、喘息やが止まらないなど、呼吸器系のトラブルを引き起こす恐れがあります。

特に喘息持ちの人は悪化するリスクがあるので、十分に注意しましょう。

皮膚トラブル

ノミやダニによる皮膚トラブルの危険性も潜んでいます。

ノミは犬だけではなく、私たち人間の皮膚を刺す可能性も十分にあります。

刺されてしまうとかゆみを引き起こし、結果的に感染症になるケースもあるので注意が必要です。

感染症トラブル

かわいい飼い犬とキスをしたくなる人も多いかもしれませんが、犬の唾液からうつる病気もあります。

犬から人へうつる病気としては、パスツレラ症やトキソプラズマなどといったものがあります。

そのため、中には皮膚が腫れたり痛みなどの症状に悩まされる人もいます。

予防方法

犬からうつる病気の予防方法としては下記の通りです。

  • 過度にキスをしたり、顔をうずめたりしない
  • 口移しはしない
  • ブラッシング、歯磨き、爪をこまめに切る
  • 定期的に予防接種を受ける
  • 散歩後は手足を洗う

とにかく、清潔にしておくことが一番です。

過度なスキンシップはなるべく避けましょう。

犬と一緒に寝るには

犬と一緒に寝るには

「それでも大好きな飼い犬と一緒に寝たい!」という人もいるでしょう。

ここでは、犬と一緒に寝るための条件や注意点を紹介します。

同じベッドでは寝ないようにする

最初の条件として、同じベッドで寝ることは避けましょう。

「それじゃ一緒に寝れない!」と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

ベッドではなく、同じ部屋で過ごせるように環境を整えることで、お互いに安心して眠ることができます。

飼い犬のケージやベッドを寝室に置く

自分の寝室に飼い犬のケージやベッドを置いてみましょう。

すでに一緒に寝る習慣ができていたら、少しずつ慣れさせてあげてください。

ケージの中に閉じ込めることはせず、いつでも出入りできるようにしておきましょう。

飼い犬に『別々に寝るという習慣』を覚えさせることが大切です。

寝室のドアは開けっぱなしにしておく

犬のためにも寝室のドアは開けておきましょう。

人間と犬では睡眠時間が違うため、犬は夜中に目覚めることもあります。

犬にとって、トイレや食事が自由にできないことは大きなストレスになります。

もしベッドに入ってきたら、自分の寝るところへ優しく誘導してあげてください。

寝る時の位置

寝る時の位置

最後に、寝る位置や姿勢から考えられる犬の気持ちについて紹介します。

愛犬はベッドのどこの位置で寝ている?

自分が寝ている時に愛犬はどこで寝ているか把握していますか?

実は寝ている位置によって、飼い主に対する気持ちがわかります。

足元

愛犬が足元の近くで寝ているのであれば、信頼している証拠です。

飼い主が自分より上の立場にあるということを認識しています。

頭の近く

頭の近くで寝ていると「信頼してくれている?」と思う人も多いかもしれません。

実は、足元が一番信頼度が高く、身体の部位が上になるほど低くなると言われています。

そのため、少し頼りなさを感じていることがあるかもしれません。

「自分が守ってあげなきゃ!」という気持ちで寄り添っているとも考えられますね。

寝床から遠いところ

「近くで寝てくれないということは信頼されていない?」とがっかりする必要はありません。

その逆で、飼い主を信頼しているからこそ、ある程度距離をおいても平気だと判断しているようです。

寝る姿勢でもわかる!

あおむけ・うつ伏せ・横向きなど、飼い犬がどんな姿勢で寝ているかによって、飼い主に対する気持ちが読み取れます。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

あおむけ

あおむけで寝ていたら、完全にリラックスしている状態です。

警戒心がある時はあおむけで寝ることはないでしょう。

飼い主を信頼している証拠です。

うつ伏せ

うつ伏せで寝ているならば、やや警戒心が高くなっているでしょう。

さまざまな姿勢の中でも、うつ伏せはすぐに起き上がることができる姿勢です。

何か起きてもすぐ対応できるように、うつ伏せで寝ている可能性があります。

何かしら不安なことがあるのかもしれません。

横向き

横向きは犬にとって熟睡できる姿勢です。

横になって寝ていたら、深く熟睡できるくらいにリラックスしている状態ということです。

足を開いていたり、呼吸が早くなっている時は暑い可能性もあるので、温度調整をしてあげましょう。